洗顔した後のスキンケア

MENU

洗顔した後はどんなスキンケアをすればいいの?

  • ニキビ肌にも保湿は必要!

保湿効果が高い化粧水がおすすめですが、ニキビ肌向けの化粧水や低刺激タイプの化粧水など肌に合っていて使い心地が良いものであれば大丈夫です。
肌の水分量が保たれているとターンオーバーがスムーズに行われるようになります。 ターンオーバーが整うと角質が厚くならず大人ニキビの原因になる角質の毛穴づまりが起こりにくくなります。

 

  • ニキビができにくくなる化粧水は?

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水がおすすめです。
ビタミンC誘導体には、過剰な皮脂の分泌を抑える作用やニキビによる色素沈着を薄くする作用が期待できるためです。

 

ビタミンC誘導体にもいくつか種類がありますが、リン酸パルミチン酸型(APPS)が効果が高いといわれています。

 

大人ニキビには保湿が大切 ○美容液でたっぷりの保湿も忘れずに
ニキビ肌にはヒアルロン酸やコラーゲンなどの水溶性の保湿成分が含まれている美容液がおすすめ。すでにニキビができてしまっている場合は、ニキビの炎症を抑えニキビ解消の効果が高い、高浸透のビタミンC を配合した美容液で選びましょう。

 

化粧水はつけたそばから乾いてしまうので、美容液で美容成分をしっかり浸透させ保水力を高めることが大切です。
美容液はこすらず抑えるようになじませましょう。

 

  • ニキビ肌に乳液やクリームは必要?

乳液やクリームには油分が含まれているためニキビ肌には向いていません。
保湿は化粧水や美容液でおこなうのが基本です。とはいえ、乾燥しやすい季節や体調によっては美容液だけでは物足りないことがあるかもしれません。

 

そんな時は、保湿ジェルがラインナップされている大人ニキビ化粧品を選ぶと満足いくでしょう。

 

ニキビができやすい、またはすでにニキビができてしまった方にはコレ!

洗顔、保湿はもちろんニキビ肌修復にピッタリのスキンケア!

お肌にやさしく効果を実感できるニキビケア!-ビーグレンのニキビケア

 

ニキビが出来にくいスキンケア - TOPへ

 

 

関連ページ

ニキビができにくい人のスキンケアの秘密
スキンケアでニキビができにくい肌を手に入れる!! 毎日行うスキンケア、間違っていませんか?ちょっとした日々の積み重ねがニキビができにくい肌を作ります。正しい洗顔方法、基礎化粧品の選び方・使い方をマスターしましょう!
種類豊富なニキビ洗顔料の選び方
洗顔料は香料や着色料を配合していない固形石けんが肌質を問わず使えるのでおすすめです。ニキビとニキビ跡が混在している方や、肌のざらつきやくすみもニキビと一緒に解消したいという方にはピーリング石けんがピッタリです。
ありがちな洗顔の間違いとは
ニキビ肌は1日に何度も洗顔をしても良いと思っている方要注意です!思春期や脂性肌で肌のベタつきが気になる方は朝晩2回の洗顔で十分です。