ニキビ跡 ピーリング

MENU

ニキビ跡の治療にピーリングは効果がある?

ニキビ跡の治療方法として代表的なものにピーリングという方法があります。
ピーリングはニキビ跡のある皮膚の表面部分を取り除くという方法です。

皮膚表面を取り除く方法としてはひとつ目に薬品で皮膚の表面を溶かし落とすケミカルピーリングという方法があります。
皮膚を溶かす薬剤としてグリコール酸やフルーツ酸、サルチル酸などが使用されます。

 

もうひとつのピーリングとしてはウェットピーリングという方法があります。
ウェットピーリングはお肌の表面を削るようにクリーニングしながら美容液を浸透させる方法で、お肌に必要な有効成分を補給しながらできるスペシャルなケア方法です。

どちらも表面にある皮膚細胞や角質を取り除き、新しい皮膚の再生を早めることを目的としているのです。

 

ピーリングによるニキビ治療のメリット

ピーリングによりニキビ跡の皮膚の表面を取り除くことや、皮膚内に潜んでいるニキビの原因となる核までも取り除き、ニキビのできにくい新しい皮膚を再生するという点があります。

 

現在のピーリング手法として、ウェットピーリングでの副作用やデメリットという話題はあまり聞くことがありません。

しかし、ケミカルピーリングについては薬液によっての刺激などの不快感もあるようです。
ピーリングは皮膚が完全に再生するまでの期間、皮膚自体が薄く外部からの刺激や紫外線に対するバリア機能を十分に発揮できないという状況を作ってしまいので、いつも以上にスキンケアに気を使う必要があります。

 

ピーリングは刺激がちょっと怖い・・・という方はニキビ跡用のスキンケア化粧品でお手入れしてみてはいかがでしょう?

ニキビ跡を消す化粧水・美容液についてはこちらに詳しく書いています。